女性のひとり参加でダイビングライセンス

マリンスポーツの中でもスキューバダイビングは、幅広い年齢層で楽しめるということもあって人気を呼んでいます。しかし、海の中は陸上とは勝手が違うので、誰でも自由に海中に潜っても良いという訳ではありません。もちろん、体験ダイビング等でしっかりとした指導者の下で海の中の散歩を楽しむのならば問題はありませんが、将来は自分でダイビングポイント等を探して、自由に楽しみたいという人はライセンスを取得することが必要となります。
さて、ライセンスを取得出来るショップは関東近郊の海の近くにもたくさんありますが、せっかくなら海が綺麗で有名な、沖縄ダイビングライセンスを考えてみてはいかがでしょうか。沖縄は、世界中のダイバーが注目するほどの海の透明度を誇っており、初心者から上級者までが楽しめるダイビングスポットが満載です。しかも、最近は格安航空券が出回っているので、飛行機代をかなり安く抑えることも可能なのではないでしょうか。
気になるライセンス取得の日数ですが、座学講習と実技を合せて、最短ならば2、3日で取得が可能というところもあります。これほど短気で取得可能ならば、仕事が忙しいという人でも連休を利用したり、週末に有休を少し足すだけで気軽に利用することが出来るでしょう。
沖縄ダイビングライセンスを視野に入れるのならば、まずはどこで取得するかということから考えてみてください。沖縄と一口で言っても、本島を始め石垣島や宮古島、そしてその他にもたくさんの島があります。自分が使える時間と予算に合わせて比較検討することをおすすめします。短期間で取り敢えずライセンスだけを取りたいというならば、機材等は全部レンタル出来るところを選び、身軽に出掛けると良いでしょう。現地で少し時間が取れるという人は、観光を兼ねて楽しめる場所を選ぶのもひとつの方法です。

沖縄ダイビングライセンスは、パッケージになったプランもありますが、なるべく費用を抑えたいという人は格安航空券と免許取得はバラで自分で手配するに限ります。ショップを決めたら今度は飛行機と宿を押さえてください。インターネットを使えば、簡単に出来るはずです。沖縄の大きなメリットは、夏ではなくても気温が十分に高いので、少し季節を外すことで飛行機代や宿泊料金もピークシーズンの料金にはならないということではないでしょうか。それに、有給だって取りやすくなることが考えられます。
どこでライセンスを取得するかを決めあぐねているのならば、実際に取得した人の経験談や口コミを参考にしてみてください。良かったことや、要注意ポイントを忌憚のない言葉で綴られてあるはずなので、非常に役立つ情報になるに違いありません。ダイビングに興味はあるけれど、一緒に行ってくれる友達がいないというなら、心配は無用です。最近は、女性のひとり参加も増えている傾向にあります。気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

沖縄ダイビングライセンス・cカードのワールドダイビング

沖縄でおすすめの恩納村のダイビングショップ

沖縄ならではの青く透き通った美しい海を眺めるだけではなく、実際に潜って海中の様子に至るまで楽しめるようになるのが沖縄ダイビングライセンスであり、これまでにダイビングをした経験が無い方であっても安心安全で楽しくダイビングが楽しめますし、ダイビングライセンスを取得する事も可能です。
ダイビングを身近に感じてもらう事と同時に、沖縄が誇る名所をより一層身近に感じてもらうべく、沖縄ダイビングライセンスでは沖縄に訪れた方が数多く訪れる青の洞窟が探検できます。
人気が高い青の洞窟をダイビングしながら楽しむコースでは、実際に海の中に身を置くからこそ見える景色を堪能する事ができますし、コースは半日なので初心者においても負担にならない上にじっくりと洞窟の様子が見られます。
水面には隙間から差し込んだ太陽の光が見られ、神秘的な太陽の光を抜けた後は洞窟内にて過ごしている多くの魚の群れを大迫力で感じられます。
洞窟内にて過ごしている魚たちは特性上洞窟の外に出てくる機会が少ないので、ダイビングを行った者のみが見られる美しくて迫力のある光景です。
ダイビングは洞窟に到着した後に洞窟内にて行うといった様子になり、洞窟に向かうまでにはボートを利用して移動するものの、ボートを利用している時間は片道10分間なので、ボートに乗り慣れていない方や船酔いをしやすい方であっても問題ありません。
洞窟内で見られる魚たちのように沖縄には希少性が高い魚や生き物が数多く生息していますが、特に世界的に珍しいのが最も大きな体を有しているジンベエザメです。
ジンベエザメはクジラのように体が大きいもののれっきとしたサメですが、クジラと同じく主食にしているのはプランクトンですし、性格に関しても穏やかです。
ジンベエザメは共通して体が大きいものの、突出して体が大きな個体の場合は体長が10メートルを超えているため、大きな体を持つ生き物ならではの迫力に浸れます。
世界的に希少性が高いジンベエザメですが、ジンベエザメに会う事を目的として出かけるコースでは毎回しっかりと出会う事ができますし、出会う機会が多い場合には3頭から4頭も見られたり、子連れのジンベエザメも見られます。
青の洞窟とジンベエザメに出会うためのコースはそれぞれ異なるコースですが、青の洞窟とジンベエザメの両方を見る事を目的にしたコースもあります。
別々に申し込む事例よりも負担が小さくさせられる上に、5時間の所要時間とバスタオルや水着さえあれば沖縄の見どころを一挙に見られるので、とても高い満足感が得られます。
また、ダイビングに長けている沖縄ダイビングライセンスであるが故に、見渡す限り美しい海が広がっている沖縄の中でも特に美しい場所を把握しています。
そのため、秘境とされている島にてダイビングが可能で、一度もダイビングをした事が無い方であっても難なく参加できます。
丸一日かけて特別な計画に則って島をダイビングするため、サンゴ礁の郡など今日では非常に希少性が高くなっている光景に心ゆくまで浸れます。

恩納村ダイビングショップ・PADIダイビングライセンス

沖縄でダイビングライセンスを取るメリット

沖縄でダイビングライセンスを取るメリット

沖縄ダイビングライセンスツアーが人気です。ダイビングライセンスは、都会などのダイビングショップでも取得することができますが、沖縄でダイビングライセンスを取ることで様々なメリットが得られます。
沖縄ダイビングライセンスを取得できるメリットとして大きいのが、限定水域講習を海で行うことができるということが挙げられます。都会のショップや近くに海がないエリアでは、プールで講習を受けることができます。確かにこれらでも必要な知識や技術は身につけることができますが、限定水域講習の次のステップは海での実践です。先に限定水域講習を海で学んでいる方が、海洋実習でも感覚が掴みやすく海に対しての抵抗感がなくなるというのは大きなメリットです。
また、沖縄の海の透明度が高いのも嬉しいポイントです。気温が年間を通して暖かい沖縄では、多種多様な生き物などを見ることができます。これらを見られるのは、透明度の高い沖縄の海だからこそのメリットと言えます。また、透明度の高い海の方が、海中での不安が和らぎます。
ボートで海洋実習が受けられるのも沖縄ダイビングライセンスの良いところです。ほとんどのダイビングはボートでのエントリーになります。海洋実習の時点でボートダイビングに慣れておけば、本格的にダイビングを始める時にも恐怖心なくスタートできます。
基本的に、沖縄ダイビングライセンスは最短で3泊4日でライセンスを取得できるというのも嬉しいポイントです。ツアーによっては希望すれば、事前に教材を送ってもらい自宅学習することができるプランもあります。2日目・3日目の海洋実習ではインストラクターから海の中での動き方やトラブルの対処方法、ダイビング器材の扱いなどを習います。最終日の3日目に試験が行われてそれに合格するとライセンス取得という流れになります。最短コースの場合は、帰る飛行機の便を遅くして観光を楽しんだり、宿泊を延長して観光するなどの楽しみ方ができます。
そんな沖縄ダイビングライセンスを取得できるツアーは、旅行代金と講習代がパックになっているため、都会のダイビングスクールでライセンス取得を目指すよりも安く取得できる場合もあります。

そんな、沖縄ダイビングライセンスを取得できるスクールを選ぶ場合には、ダイビングそのものだけではなくダイビングの指導歴や経験などをチェックしてからスクールを選んでいきます。
ショップはどれぐらい運営しているか、インストラクターの経験年数はどれぐらいなのかをチェックしてからスクールを選びます。
また、大人数では聞きたいことがなかなか聞けないということもあるため、できれば少人数制のプランを選んでいきます。気持ちよくライセンスを取得するためには、ショップの雰囲気やスタッフの対応などにも注意します。
高価な器材の購入を必要以上に進めてくる、料金表示が不明瞭、器材を買わないとライセンスを発行しないなどのショップは避けるようにすることが大切です。