テクニカルダイビング器材

ダイビングを始めるのであれば、しっかりと準備をしておくことが欠かせません。もちろん技術を学ぶことも大切ですが、それと同じぐらい使用する道具にも気を使う必要があります。ダイビング器材にはさまざまな種類があり、それらを使いこなすことによって水中で楽しく行動できるようになるのです。個々の役割をしっかり把握することが大切であり、安全性を高めるうえでも自分に合ったものを選ばなければなりません。
シンプルですが必須といえるのがグローブです。泳ぐエリアや季節にもよりますが、水中は陸上よりも温度が低いのが一般的となっています。手先が冷えてしまうと、他のダイビング器材をうまく操作できなくなるので要注意です。岩のような硬い物を触るときに、素手だとケガをしてしまう場合もあります。グローブを装着していれば、このようなリスクを避けられるようになるでしょう。陸上で着用する手袋と比べて、フィット感がとても重要になります。特に水中カメラなどの細かい操作が必要な場合は、指先までしっかり馴染むサイズを選択しなければなりません。
スノーケルも必須のダイビング機器の一つです。水面付近での活動のしやすさはスノーケルの良し悪しによって大きく左右されます。さまざまな商品が発売されているので、ダイビングスーツやマスクとの相性なども考慮して選ぶと良いでしょう。どれも簡素な作りですが、しっかり工夫された設計になっています。たとえば、浸水を防止するような配慮や排水しやすくする機構が盛り込まれているのです。
マスクも非常に重要なダイビング器材なので慎重に選びましょう。完全に密着するものが望ましく、良好な視界を確保しやすいこともポイントになります。目が悪い人の場合は、視力の矯正用レンズが使われているものを利用するという手もあります。水中で撮影したい人は、光が反射して映り込まないような暗い色を選ぶことも大事です。陸上で試着して重いと感じても、水中だと浮力の影響で気にならないことが多いでしょう。
足につけるフィンも重要度の高いダイビング器材です。水中にいるからといって、極端に強い脚力がないと進行できないわけではありません。しかし、長く泳ぎ続けることを考えると、できるだけ足を動かす負担は小さくしたいところです。フィンを装着しておけば、素足よりも効率よく進めるようになります。こちらも陸上では重いと感じるかもしれませんが、水中ではほとんど重さを感じることはないでしょう。
上記のダイビング器材と比べて知名度は低いですが、ウエイトベルトも忘れてはいけない存在です。水中で浮力をうまく調節するには、ウエイトを使ってバランスを取っていく必要があるからです。それができないと思い通りに動くのは困難になってしまいます。最初の頃はウエイトの感触に違和感を覚える人も少なくありません。直接腰にあたるのが不快なら、メッシュ素材のポケットがあるものを選ぶと良いでしょう。

テクニカルダイビング器材

テクニカルダイビングと普通のダイビングの違い

テクニカルダイビングと普通のダイビングの違い

テクニカルダイビングと普通のダイビングの違いを把握していない人が見受けられます。難易度の高いテクニックが必要だと思って、自分には難しいと感じてしまう人も珍しくありません。たしかに覚えるノウハウは多くなりますが、普通のダイビングと極端な相違点はなく、そちらを十分に行えるなら挑戦する価値があります。そもそもダイビングとは非常に自由度の高いレクリエーションです。もしくは仕事として潜ることもありますが、いずれにせよルールは人間が便宜的に定めたものに過ぎません。レジャーとして楽しめるように配慮されるようになり、深度などに制約が設けられるようになったのです。そのようなレジャー向けのダイビングしか想定していないなら、それほど多くの知識がなくても大丈夫です。しかし、どのようなルールがあるのか把握しておかなければなりません。そうすると、テクニカルダイビングについても自然と把握できるようになるでしょう。
ルールに関しては画一的でないものもありますが、深度に関してはだいたい40mが上限と定められています。それよりも深く潜るのは危険なので、常に自分がいる水深を把握しておかなければなりません。泳いでいるときに、頭上をさえぎる天井などがないことも大切です。言い換えると、いつでも水面に向かって移動できる状態を維持しておく必要があります。緊急事態になった場合に、少ない動作ですぐに安全を確保できることが重要です。1回あたりに使用するガスの種類が1つであることなどもルールの一つとされているケースがよくあります。
シンプルに表現すると、これらの制約を超えているものがテクニカルダイビングです。制約をなくすことで、水中をもっと自由に移動できるようになります。その分だけ身に付けるノウハウが増えますが、それに見合った行動力を得られるでしょう。したがって、十分に水中の活動を堪能したいなら、テクニカルダイビングを視野に入れておくのが正解です。潜れる深度に関してはガスの種類が影響しますが、基本的に制約はありません。頭上が遮られている環境で泳ぐことも可能です。1回あたりに複数のガスを使う点も、普通のダイビングとは大きく異なっています。それらを実現するには、しっかりと事前準備をしておくことが欠かせませんが、それらもテクニカルダイビングの範疇に含めて考えることが多いです。
潜るときの注意点としては、体力面の負担を計算に入れておくことが挙げられます。深い深度に留まる時間が長いので、水圧の影響や低い温度の影響が小さくありません。そのため、必然的に普通のダイビングよりも疲れやすくなります。十分なノウハウを有している人でも、体力が足りないと危険な状態になりかねません。したがって、テクニカルダイビングを行いたい人は、日頃から体力づくりのトレーニングをしておくことが重要です。プロのトレーナーに指導を仰げば、効率的な方法を教えてもらえるでしょう。

テクニカルダイビング