メニュー

女性のひとり参加でダイビングライセンス

2020年1月30日 - 沖縄ダイビングライせンス
女性のひとり参加でダイビングライセンス

マリンスポーツの中でもスキューバダイビングは、幅広い年齢層で楽しめるということもあって人気を呼んでいます。しかし、海の中は陸上とは勝手が違うので、誰でも自由に海中に潜っても良いという訳ではありません。もちろん、体験ダイビング等でしっかりとした指導者の下で海の中の散歩を楽しむのならば問題はありませんが、将来は自分でダイビングポイント等を探して、自由に楽しみたいという人はライセンスを取得することが必要となります。
さて、ライセンスを取得出来るショップは関東近郊の海の近くにもたくさんありますが、せっかくなら海が綺麗で有名な、沖縄ダイビングライセンスを考えてみてはいかがでしょうか。沖縄は、世界中のダイバーが注目するほどの海の透明度を誇っており、初心者から上級者までが楽しめるダイビングスポットが満載です。しかも、最近は格安航空券が出回っているので、飛行機代をかなり安く抑えることも可能なのではないでしょうか。
気になるライセンス取得の日数ですが、座学講習と実技を合せて、最短ならば2、3日で取得が可能というところもあります。これほど短気で取得可能ならば、仕事が忙しいという人でも連休を利用したり、週末に有休を少し足すだけで気軽に利用することが出来るでしょう。
沖縄ダイビングライセンスを視野に入れるのならば、まずはどこで取得するかということから考えてみてください。沖縄と一口で言っても、本島を始め石垣島や宮古島、そしてその他にもたくさんの島があります。自分が使える時間と予算に合わせて比較検討することをおすすめします。短期間で取り敢えずライセンスだけを取りたいというならば、機材等は全部レンタル出来るところを選び、身軽に出掛けると良いでしょう。現地で少し時間が取れるという人は、観光を兼ねて楽しめる場所を選ぶのもひとつの方法です。

沖縄ダイビングライセンスは、パッケージになったプランもありますが、なるべく費用を抑えたいという人は格安航空券と免許取得はバラで自分で手配するに限ります。ショップを決めたら今度は飛行機と宿を押さえてください。インターネットを使えば、簡単に出来るはずです。沖縄の大きなメリットは、夏ではなくても気温が十分に高いので、少し季節を外すことで飛行機代や宿泊料金もピークシーズンの料金にはならないということではないでしょうか。それに、有給だって取りやすくなることが考えられます。
どこでライセンスを取得するかを決めあぐねているのならば、実際に取得した人の経験談や口コミを参考にしてみてください。良かったことや、要注意ポイントを忌憚のない言葉で綴られてあるはずなので、非常に役立つ情報になるに違いありません。ダイビングに興味はあるけれど、一緒に行ってくれる友達がいないというなら、心配は無用です。最近は、女性のひとり参加も増えている傾向にあります。気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

沖縄ダイビングライセンス・cカードのワールドダイビング